チーム紹介


チーム代表挨拶

 一般社団法人全日本少年硬式野球連盟大阪第二支部に所属しています、大阪球道です。

私共、大阪球道は、リーグで申しますとヤングリーグに属します。

ヤングリーグとは、日本国内において大きく所属リーグは3つに分かれるかと思います。(ボーイズ、シニア、ヤング)それぞれ大きくは変わりませんが、ひと昔前はヤングリーグはチーム数が少ないとか公式戦や大会等も少ないなどと言われた時期がありましたが、現実はチーム数も大きく増え大会もチームで制御しないといけないぐらいあります、連盟大会も年に6回行われ、それ以外に皆さんよくご存知のジャイアンツカップ(日本一)やタイガースカップ(関西No1)、バファローズカップなど各地域ブロックから予選を勝ち抜き出場する全国大会もあります。

 又、ローカル大会(地域チームが主催)も開会式や審査などが公式戦と同じく執り行われており高校関係者からもいい評価をいただいております。大きく違うのは、在籍期間が長く最終の三年生の公式戦は予選が10月末、勝ち進むと11月まで公式戦が続きます。これは高校野球を大きく意識して、長く在籍することにより、長く鍛えた体を衰えさせないのと私生活を乱さないように考えられています。よく8月に引退するケースがありますがやはり、野球から少し離れると同時に私生活が乱れ、練習量も少なくなり何よりも、新チーム体制が早くから出来上がるために チームでの居場所がなくなる時間が長くなるという意見も聞きます。そのためせっかく進路が決まっていても、中には野球から少し離れる時間ができる為、大きなチャンスを無くしてしまうケースもあります。

 私共、大阪球道では、勉強はもちろんですが高校入学まで真剣に子供さんに目を向け高校入学後も進路先と連携をはかります、引退したら終わりというのは考えていません。私共は、全てに置いてボランティアでフロント、父兄がとりおこなっています、もちろん指導者もです、その目的とはなんでしょうか?それは、小学校から中学に入り高校までの道のりを共に過ごした子供たちが野球というスポーツ通じて地域や多くの父兄と知り合い、地方に行っても帰れる場所 そして、先輩をめざし今、がんばっている後輩、ゆくゆくはチームの指導者として帰ってきてほしいですね。そんな事を思いながら、暑いときも寒い時も色々な方の協力のもと私共大阪球道は、がんばっています。

 お時間があれば是非、室内練習場等にお越しください、いつこられても大きな子供たちの声が聞こえてきますよ。

                                   チーム 代表  村木 義昌
  


大阪球道 概要


◆所属連盟

 全日本少年硬式野球連盟

 大阪第二支部所属【ヤングリーグ】

 

◆創  設

 平成23年2月創部

 

◆練習場等

 大阪府寝屋川市香里南之町6番5号1F

 (室内練習場完備)

 

◆連絡先等

 ogawa.910@gmail.com

 

◆電話番号

 090-3658-8445(小川携帯電話)

 

◆代表者

 村木 義昌 

 

◆監  督

 小西 昭範 

 

◆選手総数

 44名(平成30年5月現在)


大阪球道 沿革

 大阪球道は、子どもたちのことを一番に考え、野球の基本からそれることなく、チーム一丸となり一歩づつ伝統を作り歩んできました。2011年の創部から今日に至るまでの大阪球道の歩みをご紹介します。

 

2011年度

 

 「球道ベースボールクラブ」設立

 

初代オーナー・初代監督 就任

小西昭範現監督 ヘッドコーチへ就任

南國夫現顧問が初代代表として就任

 

2012年度

初代オーナー・初代監督 辞任

チーム解散の危機

 

小西昭範ヘッドコーチ 監督へ就任

高橋勇丞コーチ 就任

 

2013年度(1期):卒団4名

井上晃一現会長 副代表へ就任

坂本寿一コーチ 就任

池本三四郎コーチ 就任

 

2014年度(2期):卒団4名

井上晃一副代表 会長へ就任

 

2015年度(3期):卒団12名

 

チーム名を「大阪球道」へ変更

 

南代表、顧問へ就任

    ヤングリーグ大阪第二支部長へ就任

    平成28年4月連盟理事へ就任

綿田副代表 就任

村木代表 就任

坂本良太コーチ 就任

(5期生)ヤングリーグジュニア選手権(全国)大会出場

 

2016年度(4期):卒団13名

 

(5期生)京都丹波大会優勝

(5期生)なにわ大会準優勝

(5期生)ヤングリーグ春季(全国)大会出場

(5期生)ヤングリーグ夏期(全国)大会(選手権大会)出場

(5期生)ジャイアンツカップ最終予選出場 ベスト8

(5期生)東関西秋季大会優勝

(5期生)ヤングリーグ グランドチャンピオン大会出場

(6期生)ヤングリーグジュニア選手権(全国)大会出場

(6期生)タイガースカップ最終予選出場

 

2017年度(5期):卒団12名

 

(6期生)ヤングリーグ春季(全国)大会出場

(6期生)ヤングリーグ夏期(全国)大会(選手権大会)出場

 

2018年度(6期):卒団17名

 

 

 

 

MAP

2018年度選手募集